手提げ袋でお洒落にアピール!~宣伝ならプロにお任せ~

女性

郵便料金を節約するために

ハガキにはシールが貼れる

はがき

銀行からの連絡やダイレクトメールによく使われるのが圧着ハガキです。これは、3つ折りタイプが多く、それには理由があります。それは、ハガキにはそのハガキより小さなシールを表と裏に貼ることができるからで、圧着ハガキは、中央部がハガキで前後の部分はシールという解釈をしているわけです。そのため圧着ハガキは最大で3つ折りのものしか作れません。圧着ハガキは、中央部がハガキですから、「郵便はがき」という文字は中央部に印刷されます。この文字が表からもみえるようにするために前のシール部分には穴を開けたりしてしているのも芸の細かいところです。また、ハガキに貼るシールは、ハガキの大きさより小さくしなければならないので、よくみますと前後のシール部分はちょっとだけ面積を小さく作ってあります。

封書との違い

郵便では、封書に近い圧着ハガキですが、どんなメリットがあるのかといいますと、誰が考えても最大のメリットは、郵便料金の節約です。封書とハガキの料金差は、郵便を大量に使う業種では、一番コストダウンできるところですから納得できます。ただし、圧着ハガキの作成は専門の業者に依頼するの普通ですから、作成コストとの兼ね合いもあります。しかし、このコストを勘案しても圧着ハガキの方が有利なところがあります。それは、特にダイレクトメールに多いのですが、封書で送られた手紙形式のものより、圧着ハガキで送った方が開封率が高いからです。これは、封書を開くのにハサミやペーパーナイフを使うという面倒くささが伴うのに対して、圧着ハガキは、簡単に手で開けられるからだと考えられます。